to HOME   NICHIRIN CHEMICAL
HOME 特長と効果 安全性 製品基礎データ 施工方法 FAQ 施工実績
製品基礎データ
1 製造者情報
◆会社名 ニチリンケミカル株式会社
◆住所 〒530-0003 大阪市北区堂島2-2-2 近鉄堂島ビル16F
2 製品名 セルフィール
3 物質の特定 ◆単一/混合物:混合物製品(下記の金属化合物を含む水溶液製品)
化学物質名 化学式又は構造式
 鉄化合物 Fe
 アルミニウム化合物 Al
 カリウム化合物 K
 チタン化合物 Ti
 水 H2O
4 物理化学的性質 本品は天然土壌由来の無機化合物を含有する水溶液である。
◆外観等:無色透明・無臭溶液
◆比重:1.00±0.01
◆溶解性:水と分離せずに混合できる。
5

危険有害性の
情報

◆危険有害分類:該当せず
◆急性毒性:ラット単回経口投与試験におけるLD50は2,000mg/kg以上。
◆皮膚刺激性:皮膚刺激性を認めない ◆変異原性:変異原性を認めない
◆引火点:引火性なし ◆発火性:発火性なし
◆爆発性:爆発性なし ◆可燃性:不燃性
◆酸化性:危険を伴う酸化性なし ◆反応性:危険を伴う反応性なし
6 火災時の措置 ◆消火方法:本品は不燃性の液体であり、自然発生性を認めず、爆発性はなく危険を伴う酸化反応性を認めない水溶液製品であり、水その他の一般的な消火方法で消火できる。
◆消火剤:消火剤は特に指定されない。
7 有害性情報 ◆皮膚刺激性:皮膚刺激性を認めない。ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験、モルモットを用いたMaximization法による皮膚感作性試験(これらの試験は、日本食品分析センターにより実施)及び成人ヒトに対する24時間クローズドパッチテストによるヒト一次刺激性試験(幸栄化学産業株式会社及びフェース・サーベイ美容皮膚医科学センターにより実施)のいずれの試験においても皮膚刺激性は陰性であった。
◆急性毒性:ラットを用いる単回経口投与による急性毒性試験でのLD50値は2,000mg/kg以上であった。
◆変異原性:E. coli WP2uvrA 及びS. typhimurium AT 菌株並びにS9を用いる変異原性試験により突然変異誘起性は陰性であった。
8 適用法令 本品中の化学物質の総含有量は0.05%以下であり、化学物質排出把握管理促進法で義務付けられるMSDS提出の対象製品に該当しない。
労働安全衛生法、消防法、毒物及び劇物取締法の対象製品に該当しない。


to PageTop


 | HOME サイトマップ Copyright