to HOME   NICHIRIN CHEMICAL
HOME 特長と効果 安全性 製品基礎データ 施工方法 FAQ 施工実績
特長と効果
空気触媒の驚くべきパワー
消臭効果
抗菌・防カビ効果
抗ウィルス効果
防汚効果
マイナスイオンの安定化
長期的に効果が持続
◆抗ウィルス効果

セルフィールはウィルスの構成成分(蛋白質・脂質・核酸など化学物質)を酸化分解するので、
インフルエンザ等ほぼ全てのウィルスに効果的に作用するものと考えられます。

◆セルフィールのウィルス不活化試験
試験報告書 試験機関:財団法人日本食品分析センター
試験番号:第09016230001-01号

セルフィールの抗ウィルス作用について、その効果の有無を(財)日本食品分析センターに検査依頼いたしました。その結果、以下の通り顕著な抗ウィルス作用が証明されました。
試験ウィルスとして、インフルエンザウィルスA型(H1N1)を用いている。
実験方法
あらかじめ組織増殖培地で試験ウィルスを接種、37(±1)℃の炭酸ガスインキュベーター(CO2濃度:5%)で1〜5日間培養し、その後、細胞形態を確認後、遠心分離してウィルス浮遊液を調製。そのウィルス浮遊液0.1mlを検体(セルフィール)1mlに添加、混合し、作用液として5分間作用させたのち、100倍希釈してウィルス感染価の測定を行った。組織培養用マイクロプレートを用い、再度、37(±1)℃の炭酸ガスインキュベーター(CO2濃度:5%)で4〜7日間培養し、そののち細胞形態変化の有無を確認し、Reed-Muench法により、50%組織培養感染量(TCID50)を算出し、ウィルス感染価に換算した。
■セルフィールのウィルス感染価測定結果(5分後)
試験ウィルス 対象 log TCID50/ml
開始時 5分後
インフルエンザ
ウィルス
検体(セルフィール) 6.7 <2.5
対照 6.7 6.3
※Log TCID50/ml:median tissue culture infectious dose, 50% 組織培養感染量(作用液1ml当たりのTCID50/mlの対数値) ※開始時:作用開始直後の対照のTCID50/mlを測定し、開始時とした
※作用温度:室温 ※ウィルス浮遊液:精製水で10倍に希釈したもの ※<2.5:検出せず
表から読み取れる結果
実験開始時インフルエンザウィルス(A型H1N1のこと)が、ca.500万個(logx=6.7だから、x=ca.500万に相当する)あったものが、検体(セルフィール)と接触・混合、5分後に<300個(logx=2.5だから、x=ca.300に相当する)に減少した(「検出せず」扱い)。これに対し、対照のものは、依然ca.200万個(logx=6.3だから、x=ca.200万に相当する)が存在していた。その差は歴然であり、セルフィールの抗ウィルス作用が確認できた。
なお、今回の検査依頼は、インフルエンザウィルスA型(N1H1)についてのみであるが、上述したようにウィルスはおおむね同じような構造体であるので、他のウィルスについても、セルフィールはほぼ同等な効果(抗ウィルス作用)を発揮するものと考えられる。



to PageTop


 | HOME サイトマップ Copyright