to HOME   NICHIRIN CHEMICAL
HOME 特長と効果 安全性 製品基礎データ 施工方法 FAQ 施工実績
特長と効果
空気触媒の驚くべきパワー
消臭効果
抗菌・防カビ効果
抗ウイルス効果
防汚効果
マイナスイオンの安定化
長期的に効果が持続
◆長期的に効果が持続

セルフィールの効果が長期間持続する理由は、触媒反応によりラジカルを作り出す作用メカニズムに由来します。セルフィールは、有害な物質(臭いの元・微生物・VOC)に直接対応するのではなく、有害な物質を分解消滅させるラジカル(・OH等)を生成させる能力を持っています。

そのラジカルは、セルフィールの中に存在したり、セルフィールが変化して発生するのではなく、セルフィールの触媒反応力により空気中の水と酸素から生み出されます。したがって、セルフィールが減ってしまい効果が無くなるなどということはありません。もちろんラジカルの生成に関わるセルフィール中の成分にも、それなりの寿命はあると言えますが、その寿命はセルフィールを定着された基材の寿命に比べ、遥かに長期間です。つまり、基材の傷みや汚れがない場合のセルフィールの寿命とは、基材そのものの寿命と同じと考えることができます。

長期間効果を持続させるためには、セルフィールの能力が維持されることとセルフィールを基材に定着させ続ける必要があります。セルフィールは他製品で使用される「定着のためのバインダー」を必要としません。セルフィールの有効成分は極微小サイズで基材に固着し易く、またセルフィール中のアルミニウム成分が、噴霧面上に強固で安定な酸化アルミニウムの多孔性の極薄膜を形成することにより、ラジカル生成に関わる成分を定着させ保護する役割を担います。

酸化アルミニウム:イメージ図
酸化アルミニウムは、酸やアルカリに強く、物理的な力にも強い。


to PageTop


 | HOME サイトマップ Copyright