to HOME   NICHIRIN CHEMICAL
HOME 特長と効果 安全性 製品基礎データ 施工方法 FAQ 施工実績
特長と効果
空気触媒の驚くべきパワー
消臭効果
抗菌・防カビ効果
抗ウイルス効果
防汚効果
マイナスイオンの安定化
長期的に効果が持続
◆空気触媒の驚くべきパワー
 
◆天然素材、自然の恵み
空気触媒セルフィールは、シックハウスの原因の一部である有害物質を分解し、消臭・抗菌・防汚・防カビに優れた効果を発揮します。そのパワーは自然の恵み、天然ミネラルによるもので、無色透明・無臭の液体です。
自然の恵 天然ミネラル


◆セルフィールは空気触媒
セルフィールの消臭効果や抗菌効果は分解反応によるものであり、吸着作用や中和作用によるものではありません。セルフィールの分解反応の作用機序は次の通りです。

セルフィールによる有害物質の分解は、触媒としての反応原理に基づくものです。セルフィールに含まれるカリウム40(40K)が、空気中の水分子に働きかけ、ヒドロキシルラジカル(・OH)と過酸化水素が生成されます。過酸化水素からは、セルフィール中の鉄やチタンなどの遷移元素が働くフェントン反応によりヒドロキシルラジカルが生成されます。

また、過酸化水素から生成されたヒドロペルオキシルラジカル(・OOH)や空気中の酸素を原料とする反応によりスーパーオキシドイオン(O2-)が生成され、このスーパーオキシドイオンも分解反応に寄与します。このセルフィールが生み出すラジカルによる酸化力が細菌やカビに対して有効であり、この反応により、細菌を死滅させ、カビの生育を抑制します。

セルフィールは、空気中の水からヒドロキシルラジカルを生み出し、空気中の酸素からスーパーオキシドイオンを生み出します。これらのラジカルがセルフィールの作用発現に重要な役割を担っています。これらのラジカルは役割を終えれば再び水と酸素に戻り、空気中に帰っていきます。セルフィールは空気と空気中の水と酸素を循環させて利用することにより効果を発揮することから、「空気触媒」と命名しました。
セルフィールは空気中の水と酸素だけを利用。

ラジカルの発生メカニズム


●触媒とは

触媒とは、正常状態では起り難い化学反応を、そのもの自体は変化することなく、起り易くする作用を有しています。例えば、ホルムアルデヒドを無害なもの(二酸化炭素と水)に分解する反応に関与する触媒として、空気触媒セルフィールの他に、光触媒(二酸化チタン)が良く知られています。
空気触媒セルフィールと光触媒はそれぞれの特徴を有しておりますが、空気触媒セルフィールと光触媒の最大の相違点は空気触媒の作用発現に光(紫外線)を必要としないことです。すなわち、空気触媒は、光が届き難い建物内部や、夜間・物置き等でも空気中の水分があれば24時間効果を発揮し続けることができます。

◆セルフィール(空気触媒)と光触媒の比較
セルフィールは触媒の仲間です。シックハウス問題等で有名な触媒では「光触媒」があります。十分な光(紫外線)エネルギーがある場所では、概ね光触媒は「セルフィール」よりも高い分解力を発揮しているようです。
しかし、シックハウスや消臭・抗菌等を行いたい場所は室内です。光が届きにくい室内ではせっかくの高能力を持つ光触媒もその実力を発揮することができません。セルフィールは空気触媒です。光が届きにくい場所、夜間などでも、その場所・時間を選びません。室内ではどのような場所でも、24時間機能し続けます。
また、光触媒の強い分解力は、基材をも分解し傷めるという問題も発生しています。セルフィールは有害物質を分解しても、基材を分解することはありません。やさしさのある分解力です。

  空気触媒「セルフィール」 光触媒
紫外線照射 不要。暗所でも有効である 紫外線がなければ効果はない
有機バインダー剤 必要としない 必要とする場合が多い
密着性 洗濯及び擦過に対して優れた耐久性 バインダーの性能に影響される
変色・風合い 変色なし、風合い変化なし 白くなることがある
透明性 無色透明 超薄膜でなければ白濁する
施工 スプレー、浸漬等で簡単 熟練技術が必要
養生 必要としない 必要とする場合が多い
施工コスト 低コスト コスト高
経時的劣化 劣化しない 経時的に劣化することがある
基材の損傷 分解力が緩やかで優しいことから基材を
損傷しない。保護膜機能として有効
分解力が強力であり、基材やバインダーを損傷する可能性がある。



to PageTop


 | HOME サイトマップ Copyright